土日午前営業、少人数予約制9割女性顧客めまい、しびれに強い
京成大久保駅徒歩6分
習志野市大久保のはり灸専門

妊娠率70%超 不妊対策メソッド導入!

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

予約
tel.

047-404-5225
e-Mail:
taishindo.hari@gmail.com

泰心堂はりきゅう院

当院の考える腰痛ケアの目指すところ

日常生活が基準

様々な腰痛とその原因

よく一言で【腰痛】と言われますが、実はその病名や状態は様々です。

例を挙げれば、ぎっくり腰(急性腰痛)筋筋膜性腰痛腰椎椎間板ヘルニアを伴う腰痛、坐骨神経痛を伴う腰痛、脊柱管狭窄症・・・

共通して「腰が痛い」という症状で来院されます。

では、それぞれどういう状態になったら治癒したと言えるでしょうか?

○腰椎椎間板のヘルニア状態(髄核脱出状態)が解消されたら?
○脊柱管の狭窄(椎間板が狭くなるなどで脊柱管が圧迫される)がなくなったら?

正直な話、これらがどうなるかはわかりません。
少なくとも直接骨を触るわけではありませんので、からだがそうなったら都合が良いと判断したら、もしかしたらヘルニアがなくなるかもしれません。椎間が広がるかしれません。
当院のお客様でも、「椎間板ヘルニアなんですよ」とレントゲンをお持ちになった方で、数回の施術後「なくなっていたんです」とまたレントゲンをお持ちになった方もいらっしゃいました。

が、それは誰にでも起こることではないですし、よくわかりません。確認も鍼灸院レベルではなく、整形外科のお話になります。

じゃ、鍼灸院での腰痛のケアはどうするか? 何をするのか? その到達目標は?

日常生活で煩わしいレベルの痛みが減るか、なくなるか

あるいは、

腰痛があることでできなかったこと、制限かかっていたことが、できるようになった

をこのいずれかを目標としていきます。

これらの腰痛は、鍼灸の領域・得意分野です。

  • 日常の疲れからくる腰痛
  • 仕事での疲れや事故を原因とする腰痛
  • 急性腰痛 いわゆるぎっくり腰。
  • 交通事故や転倒で腰を地面などに打ち付けたことにより、数日以内にでた腰の痛み(打撲)
  • 慢性腰痛※整形外科で診断を受けている
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛を伴う腰痛
  • 脊柱管狭窄症、すべり症
  • その他、内臓疾患などによる腰痛


腰痛、肩こり、しびれ・痛むなどで鍼灸院に来る人は、多くの場合、複数の治療院を回ってから最後の希望と仰って来院されますが、プライマリーが病院であり、セカンダリーは鍼灸院がベストです。第一に病院の医師による各種検査と確定診断を受け、背後に重篤な疾患や重度の障害がないことを確認した後、鍼灸院で痛みを引き起こしている筋緊張、神経興奮、経絡異常を丁寧に施術することで解いていくことが大事です。

泰心堂で実際あったケースでは、最後に右手の小指側の手首付近、後谿というツボに鍼を置いて数呼吸。再度チェックしたら長年の腰痛がとれたというケースや、右腰痛の方で15回目の施術で右天柱に浅く皮膚を超える程度に鍼を当てたら、すっと腰の痛みが消えたという方もいました。

つまり、東洋医学で考える腰痛は、腰付近だけの問題ではなく、全身の不調和=バランスの崩れから経絡の不調が起こり、患部である腰などに痛みやしびれ、筋肉の過緊張や神経興奮を起こし、痛みが出たと考えられるわけで、腰だけ針を刺せばよい、深く鍼を刺せばよいという問題ではありません。

また、毎回骨盤に問題があるわけでもなければ、首に必ず問題があるわけでもありません。ましてや左右差だけが原因とは限らないわけです。

お客様一人ひとりの日常生活における様々な負担、精神的、肉体的にあるいは体力、環境的なストレスなどの話を伺いつつ、体の癖、例えば右利き、左利き、スポーツ的な特性、労働的な特性なども考慮して最適な、楽な状態を探り続けることが大事なのです。

当院で提案する腰痛ケアの方法



当院では、お客様の状態を踏まえていくつもの手段を要していおります。

  1. 基本施術→腰痛全般に良い
  2. 泰心堂式長鍼術 当院の奥の手。痛みしびれが強い場合によい。
  3. (小松式)高麗手指鍼術→手に針または灸をします。患部に直接触れずに効果が出るので腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症などに良い。
  4. お灸のみ※どうしても鍼がダメな方はこちらで対応させていただきます。
  5. セルフケア※相談ください。相談料5,000円/30分


お一人おひとりの状態を見て、ベストの選択をしたいと考えています。術前にそれぞれを説明したうえで、対応しています。通常は、基本施術で対応しますが、痛みが激しい場合、強い筋緊張で一度、強めの刺激で筋緊張を減らしたい場合など、使うべきだと判断した時は刺激は強いですが”長鍼”を勧めています。

施術の目安

程度により異なります。

○軽度の場合

軽度のものであれば、1~2回で終わることもあります。
当院では、一時的な痛み取りではなく、しっかりと身体を整えて、組織の痛みが修復されることによって痛みが取れる状態を目指し、軽度のものであっても最低の施術を勧めております。
施術の間隔は、短いほうが良いです。週一回の施術の効果と週二回の施術効果とでは経過観察している限りにおいて、圧倒的に週二回の方が痛みや不快な症状の軽減が現れやすく、施術の期間も短くなる傾向があります。

○慢性、あるいは重度の場合

慢性あるいは重度の場合、6回1期間とした場合2~3期間程度が改善の目安となります。現在のところ、1~5回ほどで症状の変化を感じる方が多く、15回~20回ほどでほぼ生活に問題な状態まで回復される方が多いです。ただし、年単位での施術が必要な方、あるいは数年単位で十数年来の痛みを軽減、あるいは体力強化などを必要とする方もいらっしゃいます。

施術の間隔は、もちろん短いほうが良いのですが、腰痛の場合、ほぼ週1~2回の方で占められています。

特に痛みが激しい場合は、痛み自体が強い体への負担となりますので、痛みを軽減させるためにも連日あるいは隔日など施術の間隔を短くすることをおすすめしています。

背骨のゆがみ云々について

私個人は、背骨のゆがみ=病という短絡的な物言いについて否定的な立場にあります。

背骨のゆがみ云々はあくまでも結果論であり、「そういう人もいます」程度の話に過ぎません。
事実、発達の段階で背骨が曲がっていく側湾症の方の全てが重度の内臓疾患を抱えているなどということはありません。

また、通常、人は歪んでいます
利き腕の違いや、普段の生活で右左、あるいは上下のどの筋肉群を使う動作を多用しているかなど、生活上の癖によってからだは最適化されます。それは生活に都合がよくするための歪みに過ぎず、直ちに病ではありません。

それが過剰な歪みであり、身体に異常なまでの緊張を強いているものであるならば、確かに症状に影響を与えることもあるでしょう。

針灸において、からだの歪みというのは、あくまでも一つの目印に過ぎません

これらは適切な刺激を受けると、からだが自律的(=本来持っている機能を使って)に調整し、現在の身体の状況に合わせた位置へと自ずと移動します。

具体例を挙げましょう。
まず一枚目。

これはとあるお客様の背中です。
このお客様はやはり巷の「背骨のゆがみが・・・」、「骨盤のゆがみが・・・」系のところに長く通われていた方です。あまりにも背骨のゆがみを気にされるので、写真を撮り前後の結果を見せることにしました。
拡大して見るとわかりますが、およそ背骨の位置あたりに赤い点を打ってあります。これが現在の背骨の状態です。
確かに見かけ上、歪んで見えます。

そして施術後の2枚目。だいたい2分後くらいです。

背中に数本鍼をさしたあとの写真です。黒点が施術後のおよその背骨の位置です。
見かけ上、まっすぐに近い状態に戻っています。

でも、ただ、それだけです。何も特別なことではなく、からだがその緊張が要らないと判断した結果、適切な位置に戻ったということです。

少なくとも泰心堂の鍼灸施術では、いわゆる骨盤調整や骨格調整などごくごく普通の施術は必要ありません。施術をすることで全身の反射が起こり、自ずと楽な位置、自然な位置へと見かけ上歪んで見えた骨格、骨盤が移動し、最適な状態を保とうとする反応が起こります。

鍼灸では、背骨の位置が戻ったかどうかもひとつの目安に過ぎません。
当院のやり方では、たった一つの目安に頼り切ることはせず、常に複数の目安を総合的に判断し、その目安の状態を変化させ、症状の変化を観察した上で、さらに手を加える必要があるのかを判断していきます。

このため当院では、「骨盤調整」、「背骨のゆがみ」という言葉を基本的に使いません。
それは、施術の結果、戻る必要があればからだが勝手に生活に合わせた最適な位置へと戻そうと動くからであって、ことさらいう必要も、わざわざ背骨のゆがみを対象とした施術をする必要がないからです。



はじめての方へ

施術の内容について

女性疾患のケア


メンタル系疾患のケア

痛み、しびれのケア

オリジナルコース

当院について

スタッフブログ

スペシャルオファー