土日午前営業、少人数予約制9割女性顧客めまい、しびれに強い
京成大久保駅徒歩6分
習志野市大久保のはり灸専門

妊娠率70%超 不妊対策メソッド導入!

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

予約
tel.

047-404-5225
e-Mail:
taishindo.hari@gmail.com

泰心堂はりきゅう院

妊娠率70%超!40代でも妊娠力を高める方法があるとしたらどうしますか?


2015年4月、泰心堂では施術を受けた人の実に70% 400名以上が妊娠に至った究極の不妊鍼灸メソッドを導入しました。

合わせてお得な料金でお試しいただける一月体験施術(週一回合計4回)を用意しました。

次のような症状でお困りの方はぜひ、検討してください。

  • 現在不妊治療を受けているが、なかなか結果が出ない
  • 体外受精を控えていて、少しでも体調を整えておきたい
  • 何度か流産してしまった
  • 冷えが強く、生理が重い
  • 精神的に不安定で、ホルモンバランスが崩れている
  • 疲れやすく、疲れが残る
  • ほかの鍼灸院で、不妊治療を受けたが効果が出ず、最後と思って取り組みたい


当院では、妊症でお悩みの方へ専門的かつ特殊な鍼灸治療でお応えしています。


当院の不妊対策コースは2種類の方法を用意しました。

一つは、妊娠率70、合計400以上が妊娠に至った不妊対策メソッド
一つは、国内でも唯一、当院のみの高麗手指鍼術を用いた不妊対策メソッド

前者は、身体に鍼を置いて経絡を調整する鍼灸法で、多くの方に向きます。ごく細の鍼を手足、腹背の要穴に置いていくやり方で、痛みもほとんどなく、身体に対する負担も少ないので、体調に不安のある虚弱体質の方でも安全に施術を受けていただけます。

後者は、手を全身に見立てて、手に鍼、灸をしていく方法で、子宮、卵巣、卵子、膀胱、精巣、精子などに問題のある方にお勧めしています。身体に異常があるとき掌に過敏圧痛点が現れ、過敏圧痛点を解消するとからだの異常が解消する傾向があります。

東洋医学の基本的な考え方。


妊娠に至るには、十分な元気(原気、精気)が必要と東洋医学では考えます。
特に重視するのが、先天の気=精気=腎精=腎気と言われるものです。

人は両親より先天の気(精気)を貰い生まれてきます。

精気を触媒に食べ物(水穀之気)をエネルギー(元気など)に変えて、身体を成長、維持していきます。

若く健康であるうちは、まさに元気の塊であり、少々の不調や疲労など自ら五蔵之気、経絡のバランスを整えて自然に治癒・回復してしまいます。

しかし、年齢を重ねるとともに、人は死に向かいますから、この精気は減っていき、同時にこの自然な治癒力、回復力も落ちていきます。

ここに強い環境ストレス、精神的ストレス、体力的なストレスがかかると、からだは機能低下=強い冷えを引き起こし、自律神経が乱れ、免疫力が落ち、風邪をひきやすくなり、ホルモンバランスの崩れ、子宮、卵巣などの生殖機能の衰えが生じていくのです。

当院の施術は、この強い冷え=機能低下を起こしている状態を読み解き、一歩ずつモノ元気な状態に近づけていくような施術をしていきます。

泰心堂はりきゅう院 不妊症体質改善プログラムのつの特徴

  1. 冷えをとり体を温めることを目的とします

    • 冷え=機能低下をとっていくとことでお腹や腰、骨盤内を温めます。温めることで血液の循環や内臓の働きを高めます
    • 次第に生理周期が安定し、高温期、低温期などがはっきりと分かれるようになります。
  2. 一部だけでなく全身を診ていきます。

    • からだの一部だけでなく全身を診るからからだの全体の調子がよくなっていきます。
  3. 専門家による施術と自宅でのセルフケアをシームレスにつなぎます。

    • 手のひらを施術に使うことで自宅でのセルフケア=お灸をやりやすくします。一般的な不妊のツボは下腹部、骨盤(特に背中側)、足の内側などを使いますが、これは一人ではやりにくい。ひとりで出来てより効果的な自宅でのケア方法を合わせて教えます。
  4. 気血水の流れを改善します

    • 」とは生活するために必要な概念的なエネルギーのことです。血と一緒に全身を隈なく巡っているものです。気力と神経、免疫力に関係があります。
    • 」(けつ)とは頭のてっぺんから足の先までを全身に栄養をあたて、修復する役割を持ちます。西洋医学の血液もこの概念の中に含まれます。
    • 」とは正式には津液(しんえき)と言いますが、だいたい体液やリンパ液のことだと思っていただければOKです。血の中にあり一緒に全身を巡っています。
    • これらのどれかが、不足していたり、停滞していたり、充満することで体の機能が上手に働かなくなります。ですから、これらが滞りなくスムーズに全身を循環するようにバランスを整えていくことが施術の目的です。
  5. 妊娠、出産、生命の根源と関係の深い【肝】【腎】【脾】を中心に整えていきます

    • ・・・血を蔵すと云い、妊娠するために必要な血を貯めておくところ
    • ・・・外から養分、水分を取り入れ体に必要な気・血・水の製造に関わる大事なところ
    • ・・・腎精(精気)のあるところ。この精気が触媒となって気血水の産生を促す。また下腹部司り、熱を発する大本であり、からだを温め、生殖機能を統括しているところ
    • この3つのの働きをしっかり整えていくことで、しっかりと赤ちゃんを授かり、10カ月間育てていくための体内環境を作ります。


「赤ちゃんが欲しい」と願うあなたを当院が全力でサポート致します。是非、当院の鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

回数と期間

当院の推奨する施術の間隔は週一回。合計30回以上
妊娠週数の数え方も七日=一週間単位であることから特に女性の場合は七の倍数でからだを診ていくほうが整いやすいように思います。
当院の場合も七日周期で体調を整えていくことを推奨しています。

期間については、30回以上が推奨なので半年から一年ほど見てください。
5か月目以降に妊娠の報告をいただくケースが近年では増えています。

当院の最短で妊娠が分かった方は初回施術後2週間。確かに、生理周期に合わせた施術をしているので排卵期から着床までの間にからだを整えたことで・・・と言い張ることはできなくはありませんが、これはとても幸運な事例。

生理(胎盤剥離)から、胎盤形成、排卵、(着床)、次の生理のサイクルを一サイクル以上にわたり当院で施術を受け体調を整えた方を実績として勘定したほうが良いでしょう。この考え方に基づくと、予定生理日に来ないということで検査に言って妊娠が判明というパターンなので、凡そ、2ヶ月ほどというのが最短の方になります。

逆に最長の方で、1年と7か月目に妊娠を報告いただいた方がいます。

中には、他所の治療院を含めると3年という長い時間をかけて、幸運に巡り合った方もいます。
また、妊娠されてからも、妊娠中の不快感、不快症状、ストレスのケアなどで対応させていただいている方もいらっしゃります。

不妊症対策を始める時期

早いほうが良いです。
昨今は、晩婚化が進み30代半ばで結婚というケースも増えてきました。しかしながら、女性の生理周期の問題で40代になると早い人では前半で【閉経】に至ります。閉経に至ってしまってはNGですので、それまでの期間の勝負になります。

長いようで、短いのです。
当院の場合、20代後半から30代前半がメインの顧客層になります。
※30代後半~40代で閉経前の方も増えつつあります。

そもそも高度生殖医療を受ける方が出産を希望する人のごく一部。さらにその成功率が30代までで30%くらいといわれます。
まさに【授かりもの】なのです。

その確率の低さから、少しでも確率を上げたいといらっしゃる方々が当院のお客様です。

なので、当院は、いくつかの鍼灸院と異なり、高度生殖医療の併用も勧めます。

【自然妊娠】にこだわる方もいますが、大事なことは【自然妊娠】なのか、【子供を授かる】ことなのかは十分に考えてください。

本気の方のみ来院ください。縁を頂いた方々のため120%の気持で施術させていただきます。

そういう態度でお互いに施術を続けた結果、途中で何らかの事情で施術を中断した方を含めた状態で現状7割の方にご満足いただいております。

人数制限について

当院は町の隠れ家的鍼灸院という立場を目指しております。
いたずらに新規のお客様を求めるのではなく、今まで来てくださって、そしてこれから来ていただける顧客の皆様にご満足いただくことで、定期的なメンテナンス、急な痛みや不快症状への対応、美容ニーズへの対応など顧客の皆様の健康や美容のサポートをしていくことを使命としております。

そのため、本案件について無制限に受け付けることはできません。

十分な施術時間と、サービスの質を維持するために、
月間新規受け入れ数を
最大10名までに制限
させていただきます。空きがない場合は申し訳ありませんがお断りさせていただくことになります。
募集の時期、人数につきましては本サイトのTOPページにて告知させていただきます。

料金について

初診料 3千円
施術料 8千円
月四回先払い 3万円(2千円off)

月四回先払い
 前月末もしくは当月頭に四回分をまとめてお支払いいただきます。その時点で4回分の予約を承ります。変更がない場合は予約いただいた時間に施術を提供させていただきます。変更がある場合、前日の営業時間内までにメールまたはお電話で連絡ください。当日の時間変更は可能な限り対応いたします。当日の時間変更で対応できない場合もしくはお客様側の事情によるキャンセルは一回分の施術を提供したものとさせていただきます。払い戻しはしません。

2016年 秋冬不妊対策キャンペーン


○場所 泰心堂はりきゅう院内 千葉県習志野市大久保
○募集期間 2016年 8/20~12月末まで
○募集人数 10
○日時 月~金 11時or18時
    土日 11時半 ただし定休日、祝祭日は除く

○内容 一月分=4回分の施術を体験していただきます。
    原則として初回申込の曜日時間帯で四回分の施術を受けていただきます。

○料金
初診料3千円、施術料8千円×4(月四回先払い3万円
 →初診料3千円、施術料 万円

初回時に、初診料3千円と施術料1万円をお支払いください。

本体験プログラムを体験された方で翌月以降、契約をご希望の方は、月四回先払い 26千円に(単価7千円)て施術を承ります。
※一月あたり4千円お得になります。詳細はご契約の時点でお伝えします。

不妊鍼灸ってどういうことをするの?
しっかりと内容をみたうえで不妊鍼灸をしていきたいと考えている方は今すぐご連絡ください。

本気の方のみ来院ください。縁を頂いた方々のため120%の気持で施術させていただきます。

予約はこちらから

不妊症と鍼灸~世界で注目される不妊鍼灸~

『2002年(平成14年)4月30日 夕刊 読売新聞より』
ハリ治療で妊娠率アップ
体外受精の前後に、女性の体をリラックスさせるハリ治療をすると、妊娠率が大幅に向上するという研究結果を、ドイツと中国の研究チームがまとめた。

米生殖医療学会誌に掲載された報告によると、同チームは、体外受精を受ける女性百六十人を二グループに分け、一方には体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後にハリ治療を実施。残りのグループには、ハリ治療をせず通常の体外受精を行った。

その結果、ハリ治療グループの妊娠率は42.5%に上がり、通常治療の26.3%を大幅に上回った。

体外受精の妊娠率は、高くても三割程度とされ、繰り返し治療をうけるカップルの精神的、金銭的な負担が問題になっている。

妊娠率が向上する詳しい理由は分からないが、同学会のサンドラ・カーソン次期会長は、「確実に検証されれば、妊娠率向上に役立つ手法になる可能性がある」と注目している。


『2006年(平成18年)11月10日 夕刊 読売新聞より』
不妊治療の効果「針で」大幅改善
体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人にハリ治療を行ったところ、約4割にあたる49人が妊娠に至ったと、名古屋の明生鍼灸院と明治鍼灸大の研究グループが10日、大阪市内で開かれている日本生殖医学会で報告した。

49人のうち4人は自然妊娠だったほか、30人は治療後1回目の体外受精で妊娠に成功したという。
不妊治療の専門家が集まる学会で、針治療による効果を示すデータが発表されるのは珍しい。

報告された114人治療実績は、1998年2月~2006年6月に、同治療院を訪ねた不妊患者のうち体外受精を5回以上行っても妊娠しなかった女性のもので、治療は週1~2回のペースで行われ、腹部や足などにある婦人科疾患に効果があるとされるツボを針で刺激した。


『2008年2月7日/HealthDay News』
鍼(はり)治療で体外受精の成功率がアップ
体外受精(IVF)を受けると同時に鍼(はり)治療を受けると、妊娠の確率が65%高くなることが予備研究によって示され、英国医師会誌「British Medikal Joumal(BMJ)」オンライン版に2月7日掲載された。

全カップルの約10~15%が不妊に悩んでいるといい、体外で受精させた卵を子宮に移植するIVFを選ぶカップルも少なくない。

鍼治療がIVFの成功率を高めるという証拠は、これまでにもいくつか示されていた。

今回の研究は、米メリーランド大学医学部のEric Manheimer氏らが、IVFを受けた女性1366人を対象とする7試験について検討したもの。

いずれの試験も、胚移植から1日以内に鍼治療を受けた女性と、疑似鍼治療(sham acupuncture)を受けた女性または鍼治療を受けなかった女性とを比較していた。
その結果、鍼治療を受けた女性は、そのほかの女性に比べて妊娠する確率が65%高かった。
(中略)
一方、米国鍼灸学会(AAMA)元会長のMarshall H.Sager博士は今回の結果は驚くにはあたらない、鍼治療の利用でIVFの成功率を上げてきた自分自身の経験がこの研究によって裏付けられたと述べている。
ⅠVFを受ける女性は、鍼治療により成功率を上げることができると述べている。


『Fertilty&Sterility(アメリカ生殖医学学会誌)2006年 デンマークからの発表』
胚移植日にはり治療を行うと体外受精、顕微受精の妊娠率を上昇させる。

273例を研究対象とし、はりを行わない群では22%の妊娠、はり治療群では36%の妊娠率であり、はり治療群に有意に妊娠率が高かった。


『Fertilty&Sterility(アメリカ生殖医学学会誌)2006年 ドイツからの発表』
体外受精と顕微授精例の黄体期には、はり治療を行うと妊娠率が有意に高かった

225例を対象とした、はりを行わなかった群では13.8%、行った群では28.4%の妊娠率ではり治療群に妊娠率が高かった


『Fertilty&Sterility(アメリカ生殖医学学会誌)2006年 オーストラリアからの発表』
体外受精例にハリ治療を3回行い、ハリ治療群に妊娠率が高かった。

228例を対象に、HMG(排卵誘発剤)注射時、採卵前、採卵直後にハリを行った。

行わない群では23%、ハリ治療群では31%の妊娠率であり、ハリ治療群に妊娠率は高かった。

下線、太字は当院側で付けました。




はじめての方へ

施術の内容について

女性疾患のケア


メンタル系疾患のケア

痛み、しびれのケア

オリジナルコース

当院について

スタッフブログ

スペシャルオファー